満月の浄化のつどい

夜空にぽっかりと浮かぶ満月は、昔から人々にこよなく愛されてきました。欠けることのない「望月」は豊かさのシンボルであり、またこれから欠けていく月の無常さを思わせるせつない存在でもありました。

最近では満月に向かってお財布を振るとお金が入ってくるとか、満月の光にパワーストーンやタロットカードをかざして浄化するとかいうことは、ちょっとスピリチュアル系に興味のある人ならご存じのことでしょう。

満月にあれほど「魔法」のような力を人が見出すのはなぜでしょう?

 

そもそも月は地球に最も近い天体であり(地球の衛星)、近いだけに地球に対して重力の影響力も強く働いています。古くから世界中の各民族には月をメインにした神話が数多くあり、ひとが月に対してどれだけ親しみと恐れをもっていたかをよく表しています。

もう30年近くになりますが、リーバー博士の『月の魔力』という本が日本でも翻訳・出版されました。昔からひとは月にはなんとなく神秘的な力を感じていたものですが、そこに科学的なメスを入れた形でこの本はかなり話題になりました。

リーバー博士は、主に満月に注目し「満月には月の引力によって血液や内分泌など体内の“水”が影響を受け、それによって自律神経や脳の状態が変わって、統計上明らかに事故や犯罪が増加する」と主張しました。月の引力が海の潮の満ち引きに関係するように、人体の水にも関係する。これがリーバー博士の「バイオタイド理論」です。

世界各地の神話で、月は「水」に関係する、という話が多いことと一致しています。

 

漢字は、月と肉体との関係を表しています。

肝 臓 腎 腰 胸 脳 股 腿 脚 膝 腕 膵 脾 腸 胃 膀 胱 ……

身体に関係のある字には、にくづき(月のへん)がついたものが圧倒的に多いです。占星術で月は水を表すとともに、肉体や体調も示す天体ですが、古代中国の人の感性はそれと同じものを直観して字に表現したのでしょうか。

 

占星術的に言えば、満月は「社会的な私(顕在意識)」である太陽と、「プライベートな私(潜在意識)」である月が、地球を挟んで向かい合うタイミングです。地球から見て太陽系の天体は「黄道」という、太陽の1年間の通り道をトレースした道すじを通って巡っているわけですが、満月のときはその黄道上で太陽と月が180度、全く反対の場所に位置するのです。占星術で180度とは、緊張と分裂の角度。

つまり、意識の表面で考えていること(太陽)と、意識の奥で思っていること(月)の違いが客観的に観察できる日ということができます。自分自身の心や行動を客観的に省みて気づくことがあれば、人はそれを修正したくなるもの。自分自身の未来にとって必要なものとそうでないものとがハッキリわかれば、ここでいらないものをデトックスし、気持ちを入れ替えて進むことができます。

満月にさまざまなものを浄化するというのは、こうしたタイミングであるからです。

 

潜在意識のデトックスであるので、「わかっちゃいるけどやめられない」といったような人生のパターンを手放すことが比較的短期間に行われます。

満月に合わせて浄化のワークをしようというのは、スピリチュアルを信望する人たちが始めました。主に欧米のスピリチュアリストたちです。彼らは積極的に月のリズムと影響力を研究して、自分たちの生活に取り入れることを始めたのでした。

欧米の人たちは自己啓発においてもすぐれており、潜在意識の働きを重視しているという背景もありました。そこで彼らは、月のリズムと言葉の力を融合させた潜在意識ワークとして、「満月の浄化ワーク」を編み出したのです。

日本でも古来「ことだま(言霊)」はとても大事にされています。

 

これはおまじないのように、月のパワーをただ「いただく」ようなものではありません。月のサイクルを意識し、身心を宇宙に同調させる手段でもあります。

地球に最も近い天体である月の満ち欠けを見れば、手っ取り早く宇宙が生きていること、時間が循環していること、エネルギーが常に新生していることを感じます。その移り変わるなにものかや、無常の時の流れを感じることそのものが、宇宙を意識することにつながるというわけです。つまり、宇宙との同調を回復するひとつのきっかけにもなりうるということです。

月のサイクルを意識して宇宙と同調すれば、

・宇宙のエネルギーが流れ入り、元気になる

・心が調和的になり、つねに安らぐ

・潜在意識から普遍意識につながることで、シンクロニシティがあたりまえのように起きる

・調和的で望ましい流れを呼び込み、思いが実現する

ということになります。

これまで満月のワークをされた人たちの傾向では、ワークを始めてだいたい3か月目には何らかの変化が出はじめるようです。

この強力なワークを「満月の浄化のつどい」として、コスモソフィア 元気の研究所では新たに継続していきます。自分自身のポジティブな変化や状況の速やかな改善を願われる方は、「新月の成就のつどい」と合わせて参加されることをおすすめします。

ご予約、お問い合わせ

満月の浄化のつどいの日時 満月の前日または当日 19:00~20:00

♡ カレンダーで確実な日時を確認し 申し込む ♡

場所 コスモソフィア 元気の研究所
参加費 3000円
定員 12名

 

お問い合わせはこちら

以下の項目にご記入頂き、「この内容で送信する」ボタンを押してお送りください。
後日担当者よりご連絡差し上げます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容、メッセージ (必須)

他のセミナー・研究会を見る

イベント一覧カレンダー


おむすびのせかい 森井ゆうものアメブロ